ウェルシュテリアと・・・

mmsu-ha(エムエムスーハ)・マエノ♂とウェルシュテリア・チャンク♂のブログ

2011/04/26
独立記念日

Category :  マエノメモ
tags : 
やっても意味のあること。

やっても意味のないこと。

人間は常に何か目標を持って生きている。

今日は何食べようかな。

明日は何しようかな。

何秒、何分先から

何年、何十年も先まで目標がある人がいることだろう。

逆に今、何も目標がない人もいるだろう。

それは人生の休憩時間だ。

マエノの人生を

学校の一日の授業で6時限目までと

してみる。

1時限目は0~15歳までだ。

この期間は兄貴の真似ばっかり。

真似に飽きたのが中3の夏だ。

中3の夏から休憩時間に入る。

中3の時に進路を決める。

マエノは普通の高校は嫌だったので、

手に職をつけたくて、

電気科のある工業高校を受けることにした。

担任の先生に受かる確率を聞いたら、そのままで大丈夫だろ。と、

言われたので、

野球部も夏で終わったので、

夏から遊びまくった。

毎日、海、山、海、山と

交互に行って

海では岩場からジャンプしたり、

今ではできない。

大学に忍び込み飛び込み台のある

プールでみんなで飛び込んだり。

今考えたら水汚かった。

もうできない。

山では、祭りで売る為の

クワガタやカブトムシを

取りに夜の山に入ったり、

マジ暗すぎて不気味で怖かったなぁ。

もうできない。

祭りではカブトムシ、クワガタと

カキ氷を売るっていう、

今考えたらなんか汚ねぇなぁ。

一万円投資してそのまま一万円返って来たなぁ。

初めての投資。

秋から冬にかけては

なぜか少年たちは

調子に乗り出して

ビリヤードにハマり、

中3でみんなマイキュー(玉を突く棒)持ってたなぁ。

デブでメガネのビリヤードに似合わないおっさんが

あり得ない位上手かった。

そこで、人間は見た目で

判断してはいけないことを学んだ。

ココ壱に初めて行ったのも

この時だ。

初めてのオーダー、

フィッシュフライカレー。

メッチャ覚えてる。

そんな毎日でも

無事高校には受かった。

ここまでが休憩時間。

休憩時間には

その少ない時間で、

暴れたり、

寝たり、

勉強したり、

遊んだり、

ボーってしたり、

人それぞれの休憩時間がある。

人生においては

その長さも人それぞれだ。

2時限目は

15~20歳までだ。

高校入学から専門学校の途中まで。

高校の時は

受けれる資格全部に手を挙げた。

資格を取得することに

楽しさを求めていた。

この頃のチャレンジする姿勢が

いろんな先生に認めてもらえて

初めて人に認めてもらえるということを知った。

資格でお世話になった先生に

呼び出されて、

「マエノ、お前、世界に出てみんか?」と

言われたことは

頭の片隅にずっとある。

そんなん言われたから

絶対に、将来パソコン必要やと

漠然と思って、

すぐ買った。

今の時代、世界はかなり近くなった。

ネットの力がスゴイ。

やろうと思えば海外にも販売はできる。

今のお客様もほぼ、

このブログやホームページを見て出会えた方ばかりだ。

これからもたくさんの方やワンちゃんに出会えるように頑張らなければ。

このブログの最初の記事に書いた

「全ては心から、

知識や技術は後からついてくる。」

という言葉は

当時の電気科の科長の言葉だ。

この言葉はマエノの生き方になった。

心のままに動くと、後から

なんだかんだでそんな感じになる。

意識して常に何かを考えるようになったし、

そうすると何かあった時に

だいぶ先まで頭の中で考えてるから、

その時にそのまま変に考えずに

流れでいくことができる。

考え込んで悩んだことって、

大体上手くいかないことが多い。

頭でっかちになって、そういうことも経験した。

だから常に考えてて、

流れが来たら乗るようにする。

まだ今の自分ではダメなことなら乗らない。

自分自身も客観的に見ることも大事。

専門学校での二年間はものすごく

凝縮された期間だった。

二十歳の秋くらいに

自分についてあり得ない位考えた。

ゲッソリしてた。

ちょうどその時に

革を始めた。

独学で、本は当時出てた革の本は全部読んだ。

金がなくなるまで道具から何から買った。

金がなくなると、

なぜか作ってくれと注文が入る。

革でシザーケースや首輪、リードを作って売りだした。

人の為に何かをすることの

大切さを知った。

「一週間旅に出ます。」と

学校に伝え、東京に行った。

目的だった店に行き、

なぜか就職が決まった。

ここまでが休憩時間。

3時限目は20歳の秋~25歳までだ。

就職が決まり、

テンションも上がり、

新たな気持ちで頑張って、

学校の代表で

トリミングの全国大会にも出場出来た。

二十歳の時いっぱい飛行機乗ったなぁ。

お店に入って4年間みっちり仕事して

たくさん勉強させてもらった。

そして、

ちょうど一年前の今日、

マエノはフリーになり、

お店オープンまでの半年ちょっと

休憩時間に。

4時限目は

お客様の為に使う時間だ。

今お客様と接する時間が

楽しすぎる。

とりあえず4時限目は

40歳までだ。

そうだそうしよう。

15年間。

経験しまくる15年間にしよう。

失敗をしまくる。

だって次は給食で昼休みだし。

マジ頑張って40歳になったら、

一旦休憩する作戦で。

40歳までにすることはいっぱいだ。

頭ん中にはある。

もしかしたら45歳とか50歳になるかも。

まぁ、そんな流れが来るだろう。

5時限目、6時限目も

楽しみだ。

人生、休憩は絶対に必要。

自分のペースで、

全ては心から。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿