スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココ壱にて・・・

無性にカレーが食べたくなり、

バイクを走らせ、

サザエさん商店街を抜け、

桜新町の

ココ壱へ。

カウンターの端の席に

座るマエノ。

その隣りの隣りには

白髪でメガネをかけた

ジブリの宮崎駿さんに似た

おじさんが

野菜サラダ180円を

フォークを使って

ほおばっていた。

マエノはいつものを

注文。

監督がサラダ180円を

食べ終わると同時に

監督の前に

彼が注文していたモノが

届く。

ハッシュドビーフだ。

カレー屋で

ハッシュドビーフだ。

さらにハッシュドビーフの上に

黄色いモノが乗っている。

オムエッグだ。

ハッシュドビーフの上に

オムエッグが乗っている。

マエノは思った。

この人・・・、



辛いのが苦手なんだ・・・



そうだ、


きっと辛いのが苦手なんだ。


確かにオムエッグを

乗せれば

味がまろやかになり

カレーの辛さが

和らぐ。

確かにマエノは

ロースカツカレーに

オムエッグをトッピングして

食べている。

その方がなんかおいしい。

しかし

ハッシュドビーフだ。

ザッケは

ハッシュドビーフだ。

甘い。

甘すぎる。

その考えが甘すぎる。

ザッケローニ氏は

アルゼンチン戦に向けて

ハッシュドビーフを食べるわけがない。

そうだ。

彼はハヤオさんだ。

監督違いだ。

ハヤオさんは

終盤に近づくと

ハッシュドビーフに

福神漬けを

盛ってきた。

そして

ハヤオ氏は

ハッシュドビーフを

平らげた。

マエノも

いつものを平らげた。

気になるから

監督を

見学していた。

食べ終わった

監督は

目の前にある

湿ったアレが入ってある

袋を取り出し、

メガネを外し、

湿ったアレで

口を拭き、

そのまま

でこを拭き

顔を拭き、

そして咳こんでいる。

おっさんだ。

普通のおっさんだ。

おっさんは

そのいろんなところを拭いた

アレで

メガネのフレームを

真剣な眼差しで

磨き始めた。

マエノは

湿ったアレで

口を拭き

お会計を済ませ、

まだ必死に

メガネを磨く

監督を残し

ココ壱を出て行った。

っていう、

ただの

一人で

夜飯食べた時の

話なんですけどね。

ココ壱クリックお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ テリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。